ココマイスター 日本ブランド財布ランキング

ココマイスターの人気の財布をランキングにしました!

ブライダルシリーズ

ココマイスターのブライドルレザーとは?長財布のおすすめは?

投稿日:

グランドウォレット
毎日使う財布だから丈夫で長持ちするというのは、ある意味財布選びの基本かもしれません。

そんな要望を満たしてくれるのがブライドルレザーです。堅牢ながら高級感が漂うブライドルレザーの魅力を紹介します。

[btn_s color=”red” corner=”r” url=”http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U38CB+8Y40SQ+2904+BW0YB&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fcocomeister.jp%2Fstore%2Fg%2Fg45014031%2F”]公式ページヘ[/btn_s]

ココマイスターのブライドルレザーとは?

ブライドルレザーはイギリス生まれ。

1000年以上前から引き継がれた伝統的な技法で、革に何度もロウを塗りこみます。これにより繊維が引き締まり頑丈で美しい光沢を持ったレザーになります。

レザーの表面には白く浮いたロウが見え、「ブルーム」と呼ばれており、ブライドルレザーの特徴でもあります。

使っていくうちにブルームは取れていき、美しい光沢へと変化してくるのが特徴といえるでしょう。

特筆すべきは頑丈な革ゆえに、縫製が難しく出来上がるまでには日本の熟練職人たちの技術がなくてはならないということ。英国名門タンナーにより生まれた極上レザーを使い、日本の職人の技術が生み出した極上のレザーと言えます。

かって英国では馬具に使われており、その堅牢性は実証されています。耐久性を考えるならば、適切な手入れと気遣いで何十年も使用できるというのはうれしい限りですよね。

ココマイスターのブライドルレザーは、牛革の中でも最も硬いショルダー部分の皮を使用しています。ショルダー部分には牛が生きていた頃についたキズやトラが見られ、天然素材ならではの個性が堪能できますよ。

ブライドルレザーの長財布のおすすめは?

堅牢性のあるブライドルレザーを使用したおすすめの長財布ブライドルグランドウォレットを紹介します。

ココマイスターのギフトランキングではマットーネに続き2位にランクインしています。

ビジネスシーンに特化してあるので、高級感や重厚感を相手に感じさせてくれます。また、内装がすべてヌメ革でできており上品さが伺え、会計シーンを優雅にみせてくれます。

[icon image=”point2-1-r”]カラーバリエーション
ブライドルカラー7

[icon image=”point2-2-r”]ディティール
【外寸】
縦19.5×横10×厚さ2.5㎝
開いた時のマチ11.5㎝

【機能】
カードポケット×8
フリーポケット×2
ファスナー付き小銭いれ×1
札入れ×2

【素材】
本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革

【重さ】
約190g

【価格】
30,000円(税込)

ブライドルとマットーネの違いは?

ココマイスターで1番人気のマットーネ・ラージウォレットと2番人気のブライドルグランドウォレットの違いは4つほどあります。

  • ブライドルのカラーは7色、対してマットーネは5色。
  • ブライドルの素材はイギリス産、マットーネはイタリア産。
  • ブライドルの重さは約190g 、マットーネは約170g。
  • ブライドルの価格は30,000円、マットーネは26,000円。

サイズや機能については全く同じです。

手に取るとわかりますがレザーの性質上、ブライドルグランドウォレットはとても堅牢、頑丈です。ロウが取れた時の高級感や重厚感はブライドルレザーの方がより感じられます。

対してマットーネラージウォレットはとても柔らかくて手に馴染む感じでしょうか?だからキズがつきやすいのですが、経年変化はマットーネが変化しやすいでしょう。

ブライドルレザーは高級感、マットーネレザーは柔らかくてエイジングが楽しめるということで甲乙つけがたいですが、いずれにしても元々高級レザーで縫製は抜群だし、この値段で買える財布なら十分満足できると思います。

まとめ

ブライドルレザーは高級感があるので色々なシーンで活躍できそうですよね。また重厚感があるので年配の方にも合いそうです。

さらにこれだけの高級感がありながらリーズナブルなお値段にはびっくりしてしまいます。

自分へのご褒美やプレゼントに利用してみてはいかがでしょうか。

-ブライダルシリーズ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした